新型コロナウィルス感染拡大は、企業・店舗に「感染拡大防止をしながら、いかに事業を継続するか」という大きな問題を投げかけ変化を要求しました。デジタルトランスフォーメーション(DX)はその変化そのものであり、迅速にDXをスタートさせ新しい事業環境で事業継続を実現している企業・店舗と、DXが遅れ事業継続が困難になる企業・店舗との二極化が起きています。

デジタルトランスフォーメーションDXの定義:

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」 

デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)Ver. 1.0 経済産業省

   

DXを導入しないままでいると、既存システムの保守費が高額になったり、市場・時流の変化に柔軟な対応ができなくなります。またデータ喪失や業務システムのブラックボックス化の可能性もあります。特に既存システムの保守費の高額化・属人化は非常に大きなデメリットです。資産であるシステム上の各種データを有効活用できない、生産性が低いままやらざるを得ない、などの問題が起きるからです。未来必然的に起きうるこういった問題を回避するためにも、DXをできる限り早目に導入することをご提案します。

何から始めればいいのか

実際に危機感を感じ、DXをやった方がいい、やらなければと思っても、   

「自社のDXの目的、DXの進め方がわからない」

というところで止まり、進まないパターンがあります。またスタートしたとしても、

●経営者が、IT・デジタルの重要性・理解度が低く、コスト抑制が第一命題となっている。

●新しい使いたい技術、システムありきになっていて、そこからの新しいビジネスのビジョン、顧客満足度の向上がイメージできない。

●自社の特有性を検討せず、他社での事例をそのまま適用する。

●IT部門に丸投げされ、経営層や他部門とのコミュニケーション不足、推進の足並みが揃わない。

●情報戦略、情報システムに関する責任者の権限・役割が弱い。

●既存システムをどこから切り崩せばいいかわからない。   

などの問題が推進をストップさせることがよく見られます。

弊社が得意とすること

DXコンサルティングでは、ビジネス戦略、実証、システム開発といったプロセスが必要になるので、それらの機能を一元的に提供できます。企業・店舗がDXにどのようなデジタル技術をどのように活用し、具体的な施策を実施していくかを企画、実施のマネジメント、するサポートを行っていきます。

現状分析、DXの企画提案、プロジェクトマネジメント
戦略策定からデジタルコンテンツ開発、保守・運用までワンストップで対応可能
CRM、SFAなど各種システムに対応可能

    

未来に立って、今やるべきことを考える

あなたの会社・店舗のデジタルトランスフォーメーションとは具体的に何かのか、どこから手をつければいいのか、予算とも相談しながら考えていきましょう。

ポイントは「未来」です。これから顧客様にどんなサービスを提供していきたいのか。どういう企業でありたいのか。

その未来から見て、今自社に必要なデジタル変革を進めていきましょう。どんな段階におられても、お気軽にご相談ください。

   

   

DXをサポートするプロダクト
  Salesforce(セールスフォース)  
営業支援(SFA)・顧客管理(CRM)などの機能を中核としたクラウド型ビジネスアプリケーション
 ウランバ‼
Salesforceで使えるSMB(中堅・中小企業)向け売上管理クラウドサービス
 神対応(かみたいおう)
お客様を「もてなす」ための、予約・売上・顧客管理ができるクラウドサービス
 iTutor(アイチューター)
ビジネスの生産性を向上させるマニュアル作成ソフト
UBIS(ユービス)
古書買取販売システム
店舗間移動システム
チェーン内店舗間の在庫移動を管理するシステム
※システム開発のカスタマイズも勿論可能です。ご相談ください。